対象を達成するためには一門しかない。日課をひたすら果たすことである。

志向を達成するためには一環しか弱い。日課をひたすら果たすことである。これをまとめるためには何が必要なのかということを指し、毎日の案件をこなしてゆく。だがここであせってはいけない。最初は1ひとときですら集中力がもたないのだから。たとえばわたしが受験稽古をやるタイミング、まずは10分け前机に伺うことから始めた。そこから徐々にならして赴き、ついに一日何時間でも打ち込むことができるようになった。偏差分量も50から70になった。不思議なのは、当時のわたしはよく当人啓発の当に書かれていることをほぼ自発的にやっていたことだ。そうとう注視が高かったと思う。ただ受験稽古以外は収支何もやらなかった。課程ミドルは寝ていたし掃除とかそういった当番も全てさぼって遅れ早退しまくっていた。体育も全てぶっちしていた。あのころがほんとうにうらやましい。これだけ専念する情況は残念ながら今はない。だが完全にあのときの意識を取り返すことができれば絶対に到達見込める筈。そのために日々没頭を続けなければならない。サラフェ